美容 用語集  Viviani(ヴィヴィアーニ)

コラーゲン

コラーゲン

コラーゲン=たんぱく質=アミノ酸が多数結合したもの

コラーゲンとは、たんぱく質の一種で、身体の皮膚や筋肉・内臓・骨・関節・目・髪など全身の組織に含まています。

たんぱく質は生体内に約10万種類も存在し、その内コラーゲンは約30%も占めるとされており、この割合からも人間の身体にとって非常に重要な成分であることが分かります。

コラーゲンは細胞と細胞をくっつける糊(のり)のような役割を果たしているのと同時に、細胞を正しい位置に整列させる役割も果たしていると考えられています。

身体の中のコラーゲン量は全体重の約6%にも相当します。
人間の身体の60%は水でできているので、この6%という数字がいかに大きいかご理解いただけるでしょう。

コラーゲンの役割

  • 肌のコラーゲンは、お肌をみずみずしく保ち、ハリを与え、またトラブルを起こしにくくしています。
  • 関節などに存在する軟骨のコラーゲンは、クッションの役割をして体重を支える部位の負担を軽減してくれます。
  • 血管のコラーゲンは血管をしなやかに保ってくれます。
  • 臓器にあるコラーゲンはそれぞれの臓器が円滑に働くようにしてくれます。